人体や環境に優しく、省施工・高機能。
効果と機能
特色
メンテナンスコスト比較
コーティング方法
光酸化・光触媒技術の効果と機能
光酸化技術は汚れを弾きます。又、独自の技術により従来光触媒技術での課題であるシリコン系コーキング材等から溶出する撥水成分による建物汚染も低減できます。又、親水性の交換も発揮します。
生活臭、タバコ臭、生ゴミ等のいやな臭いを分解します。発生した臭いを強力な酸化還元力で分解します。化学物質の臭いや医院の独特な薬品臭も分解消失します。
活性酸素の強い酸化力により、コート表面に付着する菌類を殺菌します。食品工場の施設設備、病院医院の室内設備へのコーティングにより、安全な衛生環境が確保されます。
コート面に接触することにより、揮発性有機化合ガス、無機ガスの成分が分解され無害化、浄化します。車から排出される窒素酸化物等の低減、シックハウス対策に効果があります。
基板(フィルター等)を通して水中に溶けているガスや、不純物等の有機物を分解しきれいな水が得られます。また、レジオネラ菌等の細菌も殺菌することが可能です。

効果と機能
特色
メンテナンスコスト比較
コーティング方法
STi コーティング液の特色
  1. メンテナンス費用が削減できます。(約50〜70%削減 当社試算による)
  2. 常温での造膜が可能です。
  3. 有機溶剤が含まれていない、水がベースのほぼ中性透明分散液ですので、耐候性・耐薬品性に優れ基板を傷めません。
  4. 透明分散液ですので基板の化粧性をそのまま活かします。
  5. バインダー樹脂が含まれておりませんので高機能が得られます。
  6. ほとんどの基板に固着し、経時的に機能と塗膜硬度が増します。
  7. 有毒・有害成分は含まれておりませんので環境、基板、塗膜施工者に優しく安全です。
  8. 導電性機能により、帯電による埃や汚れが付着しにくくなります。

効果と機能
特色
メンテナンスコスト比較
コーティング方法
メンテナンスコストの比較

STi コーティング液をコーティングすることで、建材の表面を埃や化学物質、風雨による劣化から守ることができます。さらに、都市型汚染をSTiコーティング液が防ぐことによって、建物のメンテナンスコストも削減することができます。

効果と機能
特色
メンテナンスコスト比較
コーティング方法
コーティング方法(STi チタニア・ハイコートの場合

有機溶剤を全く含んでおりませんので、養生の必要はありません。
また、木などの有機材質に光触媒機能のあるチタニア粒子を塗布しますと、表面が分解浸食されてしまいますので、有機基板の上に光触媒機能のないチタニア粒子をプライマーとした上で、機能のあるチタニア粒子を塗布します。
スプレーガン工法の他、ローラー工法、スピンコート、スクリーンコート、グラビアコート、ディッピングコート、バーコート等の方法が可能です。

スプレーガン工法

ローラー工法